藤沢 不動産 床 暖房 kuwaのIT戦略経営-ITコーディネータ桑村茂樹のブログ

2009年01月10日

財務改善は学習から!バランススコアカード

財務改善する為には、まずは学習し成長します。

でも学習すれば財務が改善されるのでしょうか。

当然、学習すれば儲かるわけでもなく途中に各プロセスを経由し
財務体質改善へ結びつけます。

バランススコアカードでは、
下位フェーズから学習と成長・内部プロセス・顧客・財務と
4つのフェーズに分け、KJ法、ブレーンストーミングなどで
自由に問題点を抽出し経営課題を各フェーズごとに紐付し、
課題解決の優先順位で対応します。

バランススコアカードでは、各問題点も関連を確認する事がわかります。

やはり基本は、学習し成長する事です。
学習はシステムに代替する事が出来ず、非常に重要です。

学習し成長し個人も組織もスキルアップしなければ、
財務改善もありえません。
当然ですね。
posted by 桑村茂樹 at 22:29| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

今の中小企業の状況を見る

経済産業省中小企業庁より、第114回中小企業景況調査(2008年10〜12月期)について
発表がありましたが、やはり厳しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第114回中小企業景況調査(2008年10〜12月期)について
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.html
中小企業庁
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2001年の業況判断DIが下がった時は、関東・中部・近畿は下落率は
地方と比べ軟調に推移し、業種により下落率が違っていましたが、
今回は関東も含め全地域、全業種で業況判断DIが下落しています。

特に製造業の下落率が大きい
多くの決算時期を迎える3月までは、容易に厳しい状況が続くのは
想定されます。


この脅威をいかに機会に変えるか!
いかに攻めていかに守るか!

しかしこの時期だからこそIT戦略を見直すいい時期だと思います。

前回の全般的な設備投資抑制と違い、会社を維持継続する為に
今回は攻めでは売上を上げる為の営業支援の投資
守りではJSOXにおけるITへの対応・個人情報保護・セキュリティ
IT統制におけるIT資産管理・知的財産でもあるソフトウェア資産管理
への効率的なIT投資が必要だと思います。

kuwaのIT戦略経営では
1.ITコーディネータとして企業のあるべき姿への道案内
2.プライバシーコンサルタントとして個人情報保護対策・セキュリティ対策
3.IT資産管理アドバイザーとしてIT統制におけるIT資産管理
4.ソフトウェア資産管理アドバイザーとして知的財産保護・ソフトウェア資産管理SAM
等今後も情報発信したいと思います。

よろしければちょこちょこお立ち寄り下さい。


posted by 桑村茂樹 at 22:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

経営戦略マインドマップ

経営戦略マインドマップ.JPG景気の雲行きが怪しいまま年が明けた今年
多くの業種が厳しいのではないでしょうか。

製造業の多い関西は特に厳しく感じます。
今後、ITコーディネータとして経営改善・改革に向け
より重要な立場として経営の気づきを伝えたいと思います。

現状の社会情勢は、脅威でもあり機会であり、経営戦略を見直すいいチャンスです。
戦略といっても多岐に亘ります。
成長戦略・製品戦略・競争戦略・イノベーション・技術戦略・地域戦略・社会戦略・マーケティング戦略・顧客戦略・人的戦略などなど

すべての経営課題を洗い出すのは難しいと思いますが
できる所から対策をしてみるのは1つの手段だと思います。

経営戦略マインドマップを添付しますので参考にして下さい。
マインドマックにして考えると結構楽しくなり
新しい考えが浮かぶかもしれません。

私は、考えをまとめる際に利用します。

追伸
本日、ITコーディネータ協会より第15回ITコーディネータ試験の合格発表がありました。
合格者の皆様おめでとうござます。
今後、経営課題の改善に向け一緒にがんばりましょう。




posted by 桑村茂樹 at 22:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。