藤沢 不動産 床 暖房 このご時勢を乗り切る。事業計画書を作成しよう! : kuwaのIT戦略経営-ITコーディネータ桑村茂樹のブログ

2008年12月17日

このご時勢を乗り切る。事業計画書を作成しよう!

事業計画.JPG自分のビジネスモデルをお持ちの皆さん
このご時勢に安易な起業はお勧めできません。
今だからこそビジネスモデルを再度見直しをし、ビジネスモデルを強くしましょう。
ビジネスモデルを実現する為に
事業計画は作成されていますでしょうか。

事業計画書を作成し、4P・SWOT分析をし再度見直しをしましょう。

起業するのは簡単ですが、継続維持するのは非常に難しい。
リスクを削減する為にも事業計画書を作成するのをお勧めいたします。

事業計画は12項目で形成されます。
 1.市場・顧客
    サービス提供地域を確定する為、対象市場をネット等で調査します。
 2.対象顧客
    サービス提供する対象顧客を選定します。
 3.顧客ニーズ
    新規参入障壁を調査し、低価格等QCDの顧客ニーズを検討します。
 4・顧客提供価値
    顧客ベネフィット、顧客満足度を検討します。
 5.競合対策
    競合先をAPQCなどを参考にし、各カテゴリーごとに対策を考えます。
 6.差別化
    コストリーダーシップか製品差別化を選択します。
 7.商品・サービス
    メインとなる事業ドメインを中心にサービス内容を検討します。
 8.業務フロー
    見積・受注・在庫確認・商品調達・納品・請求・回収までの業務フローを作成します。
 9・販売目標
    3年を基準に販売目標を作成します。損益分岐点は、サービス開始より9ヶ月目に設定するのが理想です。
10・販売手段
    Web販売、直接販売、チャネル販売を検討します。
    Webマーケティングも重要です。 
11.販売リスク
    基本は即回収 掛払いの場合、回収時期に注意します。
12.収益成長
    サービス提供分野の成長性 自分の市場ポジショニングを確認します。

以上、事業計画の12項目になります。

いきなり作成するのは難しいかもしれませんが、何度もやり直すと今何をすべきかが見えてきます。

画像は実際に私が使用してる事業計画書です。
内容はお見せできませんが、事業計画書の作成時参考にして下さい。
posted by 桑村茂樹 at 23:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111377122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。