藤沢 不動産 床 暖房 HDDレコーダーから見るプロダクト戦略 : kuwaのIT戦略経営-ITコーディネータ桑村茂樹のブログ

2009年02月15日

HDDレコーダーから見るプロダクト戦略

先日、我が家のビデオが壊れてしまい遂にHDDレコーダーを購入。

ビックカメラでAQUOSのブルーレイはあと一歩手が届かず、一番安い4万円台のHDDレコーダーにしました。

これをプロダクト戦略にて分析!

1.HDDレコーダーはPLC(プロダクトライフサイクル)が成熟期にあり
  低価格製品である。

2・他社製品の同機能製品と比べてもコストリーダーシップを握っている。

3.今やデファクトスタンダードであるブルーレイと比べお値打ち感が
  あり使用目的によっては品質に問題なし。

4.流通のチャネル対策では、ビックカメラなどの量販店で販売する
  開放形チャネル政策による全国展開

5.テレビのAQUOSとのメリットをプロモーションしコアコンピタンス
  から拡大化戦略する市場優位性。

一方kuwaは、QCD を期待
 Q(品質)求めているニーズに対応しているか。
   簡単に録画でき、HDDにはフルハイビジョンで録画可能、接続が簡単、保障
 C(コスト)適切価格で割安感があるか。
   簡易陳列による割引期待、ポイントなど
 D(納期・時間)
   在庫の有無、配送(デリバリー)

など
なんだかんだ言いながらkuwaは一番安いHDDレコーダーを購入
購入にはAIDMAの原理で1年ほどかかりました。

やっぱり大阪、最後は値段ですな。



  

posted by 桑村茂樹 at 07:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。