藤沢 不動産 床 暖房 IT資産管理 : kuwaのIT戦略経営-ITコーディネータ桑村茂樹のブログ

2010年02月11日

ソフトウェア資産管理のポイント SAM

最近は、知的財産・IT統制・ITILなどにより
ソフトウェア資産管理の重要性が高まってきています。

IT資産管理にはハードウェア・ソフトウェア・ライセンス・ネットワーク・調達関連が必要とされていますが、
中でもソフトウェアの管理は
ISO19770-1、ITSMS、知的財産の著作権などにより管理の対応策が
求められています。

IT資産管理では、約300社ほどコンサルティング、管理アドバイスをさせていただきましたが、やはりソフトウェアとライセンスの紐付け管理が難しく何も出来ていないお客様がほとんどです。
無形のソフトウェアの管理をいかに把握し管理するかがポイントになります。

ソフトウェア資産管理台帳を定期的に更新し、最新の状態に保つ事が
社外的にもセキュリティ対策にも有効になります。



タグ:SAM
posted by 桑村茂樹 at 10:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ソフトウェア資産管理 SoftwareAsset management

IT資産管理にソフトウェア資産管理(SAM)があります。

あまり聞いたことがないと思いまので、少しだけ紹介します。

ソフトウェア資産管理とは、使用するソフトウェアを適切に管理する目的があります。
又、ISO19770-1SoftwareAsset managementの要求事項もあり、内部統制への対応、ISO20000 ITSMS取得時にも対応を求められます。

ソフトウェア資産管理には4つの目的があります。

1つ目は説明責任です。   
 現状を把握し適切なライセンス管理を行う事により説明責任を果たす事が可能になります。
2つ目は、法的問題への対応です。  
 ソフトウェアには、著作権・知的財産権が伴います
3つ目は、社会的信用の失墜です。
 信用問題なので間接損害が予想されます。
4つ目は、システムのセキュリティ対策。
 正規のライセンス認証を受ける事で更新プラグラムの更新などのサービスを受ける事ができ、結果セキュリティが向上します。

目的を達成するためには、体制の整備からIT資産の現状把握が必要になりますが
法的なリスクを軽減し、総合的にROIに貢献します。

QMSやPMSなどの、MS(マネジメントシステム)を実装されてる会社は、導入が比較的に短期間だと思います。

ソフトウェアは無形なものですが、今後社会的な背景を受けソフトウェア資産管理SAMは重要になりますしコスト削減にもつながります。

最近は、ソフトウェア資産管理(SAM)のコンサルティングも増えていますので、ちょこちょこブログでもUPしていきたいと思います。

興味のある方は、たまにチェックして下さい。







posted by 桑村茂樹 at 19:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

IT資産管理の可視化ポイントは

IT資産管理のポイントは、すなわち「 ITの見える化 」です。

会社のIT資産であるパソコン・サーバ・ソフトウェアなど
他にネットワークプリンター・IP電話・HUBなど多岐にわたります。

例えば、資産であるパソコン
日ごろ使うパソコンは目につきますが、目につかない場所では倉庫にあるパソコンなど
忘れがちになります。

仮に管理されていないパソコンが盗難に遭い、そこから個人情報など情報漏えいが起きると大変です。
又、JSOXでもITへの対応・内部統制では、資産保全が盛り込まれていますので
パソコンなどのIT資産の管理が非常に重要になります。

よって組織の存在するIT資産管理の現状を把握する事が、IT資産管理のポイントです。
今後、IT内部統制におけるIT資産管理の充実が求められ、組織的にも
IT資産管理の定期的な棚卸しが重要になります。
posted by 桑村茂樹 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | IT資産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。