藤沢 不動産 床 暖房 起業を目指す方へ : kuwaのIT戦略経営-ITコーディネータ桑村茂樹のブログ

2008年12月17日

このご時勢を乗り切る。事業計画書を作成しよう!

事業計画.JPG自分のビジネスモデルをお持ちの皆さん
このご時勢に安易な起業はお勧めできません。
今だからこそビジネスモデルを再度見直しをし、ビジネスモデルを強くしましょう。
ビジネスモデルを実現する為に
事業計画は作成されていますでしょうか。

事業計画書を作成し、4P・SWOT分析をし再度見直しをしましょう。

起業するのは簡単ですが、継続維持するのは非常に難しい。
リスクを削減する為にも事業計画書を作成するのをお勧めいたします。

事業計画は12項目で形成されます。
 1.市場・顧客
    サービス提供地域を確定する為、対象市場をネット等で調査します。
 2.対象顧客
    サービス提供する対象顧客を選定します。
 3.顧客ニーズ
    新規参入障壁を調査し、低価格等QCDの顧客ニーズを検討します。
 4・顧客提供価値
    顧客ベネフィット、顧客満足度を検討します。
 5.競合対策
    競合先をAPQCなどを参考にし、各カテゴリーごとに対策を考えます。
 6.差別化
    コストリーダーシップか製品差別化を選択します。
 7.商品・サービス
    メインとなる事業ドメインを中心にサービス内容を検討します。
 8.業務フロー
    見積・受注・在庫確認・商品調達・納品・請求・回収までの業務フローを作成します。
 9・販売目標
    3年を基準に販売目標を作成します。損益分岐点は、サービス開始より9ヶ月目に設定するのが理想です。
10・販売手段
    Web販売、直接販売、チャネル販売を検討します。
    Webマーケティングも重要です。 
11.販売リスク
    基本は即回収 掛払いの場合、回収時期に注意します。
12.収益成長
    サービス提供分野の成長性 自分の市場ポジショニングを確認します。

以上、事業計画の12項目になります。

いきなり作成するのは難しいかもしれませんが、何度もやり直すと今何をすべきかが見えてきます。

画像は実際に私が使用してる事業計画書です。
内容はお見せできませんが、事業計画書の作成時参考にして下さい。
posted by 桑村茂樹 at 23:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

コミュニケーション能力の向上

人の話を聞く能力は重要です。

以外と聞き上手が少なく、自分の喋りたい事を喋りたおす営業は少なくありません。
新しく起業された方、配置転換で営業に配置された方身に覚えがありませんか?
営業をがんばろうと、自社の製品を必死に説明するのに集中し、相手の喋るタイミングを見逃したりしてませんか?

コミュニケーションの下手な人の特徴です。

相手に話しを聞く意志がないと、いくら話しても意味がないのです。
伝わらなければ意味がありません。
聞き上手を心がけ、コミュニケーションを向上させましょう。

聞き上手とは

 スケジュールを立て慌てて顧客先に訪問しない。
  計画性のない客先訪問は極力避けましょう。相手にも都合があります。
 
 本題以外に新聞ネタ・世間話は豊富に。
  相手の会社の事業内容の把握、業界動向、日経平均・株価は常識
 相手の話をメモする。
  後で見ると、その時気づかなくても後で気づきがある場合があります。

 相手の話の腰を折らない
  意外と多いのがこれ。喋りに夢中になり気づかない。
  話の腰を折られると喋る気がなくなります。これは致命傷!

 ほったらかしにしない
  これは相手に嫌われます。あなただけを意識して

 具体例・事例を聞く
  実は、相手を納得させる為に非常に重要です。場数をこなしましょう。

 適度に相槌をうつ
  相手を理解しようとする意志を表現しましょう。

 商談中メモを取る
  メモを取った方が、相手に真剣さが伝わりやすくなります。
  安物のノートとペンはNGです。自分も安物ぽく見えます。

当然ですが、相手の話を聞き出す場合は割合が相手七割・自分三割です。




posted by 桑村茂樹 at 15:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

SWOT分析で強み弱みを理解

SWOT.JPGSWOT分析は、皆さん一度はされた事があると思います。

事業ドメインの強みをどの様に活かすか、又弱みはどの様に克服するか
機会を利用し、脅威はいかに取り除くかを分析します。

強み弱みは、知的財産・時間・コスト・品質などなど
機会と脅威は、社会情勢・トレンド・ニーズ・ステークホルダーなどなど
を考慮し分析します。

又、年度ごとに振り返り評価をし次年度につなげます。

皆さんのSWOT分析はいかがでしょうか。

ちなみに私が実際に使用しています、SWOT分析表をUPさせていただきますので、ご参考にしていただければと思います。
ちなみに内容はダミーです。
ラベル:SWOT
posted by 桑村茂樹 at 23:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

マインドマップを作成して事業計画を見直そう

新規事業マッ.JPG起業を目指す皆様、自分の強みのビジネスモデルがあると思います。
でも、12項目の事業計画項目を作成しレビューしてますでしょうか。

起業を目指す人は多いですが、実際に起業できる人は全体の20%にも満たないというデータが出ています。
事業計画が未成熟だと、なかなか起業する事は難しいでしょう。

起業し会社を作るのは簡単ですが、事業活動を継続するのは非常に困難を極めます。
私自身そうですが、当初のビジネスモデルよりも大きく変わってしまうケースも多々あります。

私はまず、自分の頭の中にあるビジネスモデルの棚卸しをお勧めいたします。
棚卸しをすると、現状の確認ができかつ創造的な発想のひらめき
課題解決が見えやすくなります。

1つの手法として、マインドマップをお勧めいたします。
参考例として事業計画のマインドマップを添付しましたので参考にして下さい。

添付はフリーソフトを利用していますが、最初は紙とペンで作成するのをお勧めします。


posted by 桑村茂樹 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

自らトップセールスマン

80対20の法則で物事が決まるといわれています。

しかし、この法則を理解すると次のステップが見えてきますので
参考にして下さい。

営業に80対20の法則を、あてはめてみます。

会社に100人の営業がいる場合。
20人がトップ営業、80人は普通営業となります。
そして20人の2割 4人がスーパーセールスとなります。

トップ営業は10人の営業の場合、2人がトップ営業となります。

売上は仮に、10人の営業の場合
全体の売上の8割は、2人のトップ営業で
残りの売上の2割は、8人の営業となります。

顧客は
仮に100社担当の場合
1人の売上の8割は2割の顧客
残りの売上の2割は8割の顧客

会社では、売上の8割は2割の顧客からとなります。


一度、あなたの会社で試してみてはいかがですか。
ラベル:ロングテール
posted by 桑村茂樹 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業を目指す方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。